Browse By

Tag Archives: ブライアン・クランストン

"Too Much Exposition Theater" with Bryan Cranston

『説明の多過ぎる劇場』出演: ブライアン・クランストン

ブライアン・クランストンはスティーヴンのお気に入りの俳優で大ファンだという。クランストンはウォルター・ホワイトやダルトン・トランボ、あるいは『ジ・インフィルトレイター』のロバート・メイザーといった宝石の多面カットのようなキャラクターをよく演じる。スティーヴンはクランストンが事態を披露していく際の複雑さ、微妙さが大好きだという。 multifaceted:(宝石の)多面カットの、多面的な、多様相の。 Walter White:ウォルター・ホワイト、邦題『ブレイキング・バッド』(2008年アメリカ・テレビドラマ)の主人公。 Dalton Trumbo:ドルトン・トランボは、邦題『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015年アメリカ映画)の主人公。 The Infiltrator:邦題『ジ・インフィルトレイター』2016年アメリカ映画。 things:物事、状況、情勢。

その指摘は嬉しいという。運良く複雑なキャラクター役に恵まれてきた。彼らが自分自身を観客の目に微妙な形でどう晒すかが大好きだというクランストン。偉大なる俳優のテストとして、正反対の、お粗末な脚本の、入ってきて不自然に総ての経歴を発表するような役は出来るだろうか?思慮深く生まれついているので出来ると思う、と不自然に答えるクランストン。それを聞いてとても嬉しいというスティーヴン。何故だ、と絡むクランストン。『説明の多過ぎる劇場』をレイトショーが上演するからだ、と不自然な展開。
awkwardly:ぎこちなく、無様に、不自然に、変に。
back story:生い立ち、経歴。 read more

 
Stephen and Bryan Cranston Ponder The Big Questions

スティーヴンとブライアン・クランストンがビッグ・クエスチョンズを思索

スティーヴン「ブライアン、あなたが才能に恵まれた役者だってことはみんな知っています。でも、役者全員が物事を深く考えるような人物だとは限らないわ。それでもあなたからは深い人物だという印象を受けます」

ブライアン・クランストン「それは本当だよ、スティーヴン。僕は信じられないぐらい深い」 read more