Browse By

アメリカは来年のユーロヴィジョンで優勝間違いなし

so:とても、物凄く。

週末には(大統領予備選の)他にも重要な投票があったという。ユーロヴィジョン・ソングコンテストだ。なんでもありでどの国のポップスがベストか競い合う。欧州全域にわたるコンテストとしては、14世紀の『黒死病アイドル』以来最大のものだという。あの時は全員負けた。
no-holds-barred:禁じ手なしの(NHB)、制限なしの。
throwdown:対決。
Europe-wide:欧州全域にわたる。
So You Think You Can Dance:邦題『アメリカン・ダンスアイドル』ダンスコンペティション番組(のパロディー)
black plague:黒死病。

各国はその国を代表する曲のパフォーマンスでジャッジされる。ユーロは欧州、ヴィジョンは音という意味だ、とスティーヴンは推測する。この週末にユーロヴィジョン60年の歴史上初めてアメリカで放送された。我々は遂に驚くべき演目の数々を目の当たりにした。
signature:署名入りの、特徴のある。
broadcast:放送される(された)という形容詞。

ウエストミンスター・ドッグショーも彼らはまるで違うという。ウクライナ代表のジャマラが『1944』を歌った時が頂点だった。キターーーー。しかし本当に落ち込んだ。なぜなら曲のテーマは、第二次世界大戦中にスターリンが行ったクリミアのタタール人の大量強制移住だ。「♪よそ者たちが到来し、家へやって来てあなた方を全員殺し、無罪だという」これはこの夏の一曲かも知れない。エスニック・クレンジング程、盛り上がるものはないという。
Westminster Dogshow:正式名称は『ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー』といい、ニューヨーク市で開催される世界3大ドッグショーのひとつ。
come to a head:ヤマ場に達する。
get down:リラックスする、楽しむ、パーティーする、踊る、など。
mass deportation:集団強制退去。
pump up the jam:pump upは音量などを上げる、盛り上がる、決めるなどの意味で、jamは即興のセッション、パーティーで楽しむ、など。ユーロビートの有名ナンバーのタイトルでもある。邦題『今夜はパンプアップ~PUMP UP THE JAM~』
ethnic cleansing:エスニック・クレンジング、民族浄化。

ジャマラは優勝おめでとう。しかし、今の内だけだ。優勝出来たのはアメリカが参加していなかったからだ。我々はフラペチーノとGストリングを発明したし、世界で一番ヨーロッパぽいという。イタリアよりはるかに大量にピザを食べるし、ベニート・ムソリーニを選挙で選ぶまであとほんの少しだ。来年のユーロヴィジョンの準備は既に出来ているという。ユーロヴィジョン・アメリカ代表、ヨーロッパ語から翻訳した曲のタイトルは『生ある人生』、ノゥルナアアズを温かく迎えて欲しい。
Frappuccino:フラペチーノ。
G-tring:Gストリング。
way more:はるかにより多くの。

♪お前は誰だ
今日観たい夢を
観たらいけないというのは
この雨を泥棒する奇跡の夢を

生ある人生を生きるのが好きだから
手を伸ばしてファンタジーとコンタクト
生ある人生を生きるのが好きだから
美しい星灯りの下でのみ我々の夢は本物になる
お別れだ

しっし、ラ、ラ、ベイベー
失せろ、ラ、ラ、恋人よ
しっし、ラ、ラ、私のテンダローニ

期待してもすぐ終了

生ある人生を生きるのが好きだから
大海の波を圧搾しよう
生ある人生を生きるのが好きだから
明日はいつだって今

take a miracle:奇跡でも起きない限り無理。
break it up:(男女が)別れる。
shoo:シッシ、あっち行け。
la la:ラ、ラ(歌などで)
tenderoni:テンダローニ、若くて可愛らしい女性。
hold your breath:固唾を呑む、期待する。
clap:拍手、パチパチ(拍手の音)

America Is So Winning Eurovision Next Year

America Is So Winning Eurovision Next Year May 16, 2016 The Late Show with Stephen Colbert

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit
Pocket

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *