Browse By

『説明の多過ぎる劇場』出演: ブライアン・クランストン

ブライアン・クランストンはスティーヴンのお気に入りの俳優で大ファンだという。クランストンはウォルター・ホワイトやダルトン・トランボ、あるいは『ジ・インフィルトレイター』のロバート・メイザーといった宝石の多面カットのようなキャラクターをよく演じる。スティーヴンはクランストンが事態を披露していく際の複雑さ、微妙さが大好きだという。
multifaceted:(宝石の)多面カットの、多面的な、多様相の。
Walter White:ウォルター・ホワイト、邦題『ブレイキング・バッド』(2008年アメリカ・テレビドラマ)の主人公。
Dalton Trumbo:ドルトン・トランボは、邦題『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015年アメリカ映画)の主人公。
The Infiltrator:邦題『ジ・インフィルトレイター』2016年アメリカ映画。
things:物事、状況、情勢。

その指摘は嬉しいという。運良く複雑なキャラクター役に恵まれてきた。彼らが自分自身を観客の目に微妙な形でどう晒すかが大好きだというクランストン。偉大なる俳優のテストとして、正反対の、お粗末な脚本の、入ってきて不自然に総ての経歴を発表するような役は出来るだろうか?思慮深く生まれついているので出来ると思う、と不自然に答えるクランストン。それを聞いてとても嬉しいというスティーヴン。何故だ、と絡むクランストン。『説明の多過ぎる劇場』をレイトショーが上演するからだ、と不自然な展開。
awkwardly:ぎこちなく、無様に、不自然に、変に。
back story:生い立ち、経歴。

~『説明の多過ぎる劇場』出演: ブライアン・クランストン~
exposition:エクスポジション、登場人物の状況や背景を知らせる対話や描写。
theatre:theaterのイギリス風綴り。

スティーヴン「何の用だ?腹黒い異母兄弟、ベトラム・シュヴァリエに裏切られて以来の訪問客だ。奴のコーラスガールの母が私の亡き父とマラケシュのビーチで灼熱のような不倫をしたのだ」
devious:曲がった、正道ではない、狡猾な。
half-brother:片親が同じの兄弟、異母兄弟もしくは異父兄弟。
torrid:焼けつくような、灼熱の、情熱的な。
affair:ひとときの情事、不倫、浮気。
Marrakesh:マラケシュ、モロッコの地名。

クランストン「こんにちわ。私、ベトラム・シュヴァリエはいけ好かない異母兄弟のヒースクリフ・シャーモポラスと話をしたい。ヒースクリフの元恋人ベアトリス・ロングフェザーとの駆け落ちから戻ったのさ。ブダペストの坑道でお前は彼女を捨てた」
despicable:見下げ果てた、卑劣な、いけ好かない。
now you know:分かったか、バレたか。
mine-shaft:坑道。

スティーヴン「は!私には選択肢がなかった。お前達2人が養蜂家のヒギンズ・マクタヴィッシュをピストルの銃尻で殴り、彼の義理の娘のオードリーにハンガリーの修道院に入るよう説き伏せた」
pistol-whip:ピストルの銃尻で殴りつける。
beekeaper:養蜂家。
nunnery:女子修道院。

オードリーには選択肢が全くなかったという。シシリーへのカヌー旅行でマラリアに罹った後、違法な地下のポーカーゲームで貴重な切手のコレクションを失ったという。
nary a:少しも無い、ひとつも無い、ne’er(never) a、古語。
contract:病気に罹る。
malaria:マラリア。
canoe:カヌー。
subterranean:地下の。

スティーヴン「お前の言っているポーカーゲームは、みいとこのルクレチアがコルシカ人のマタドールに硝子の義眼を投げつけたのと同じだろうな」
trust:確信する、期待する、~と思う。
third cousin:みいとこ、またいとこ(はとこ)の子。
glass eye:硝子の義眼。
Corsican:コルシカ人
matador:マタドール、正闘牛士。

クランストン「彼女はお前の致命的な蜂アレルギーのことを隠すために、マタドールの気をそらさねばならなかったのだ。オードリー・マクタヴィッシュへの結婚の申し込みを断念させたアレルギーだ」
distract:注意をそらす。
ask the hand of:~に結婚を申し込む。

スティーヴン「前述の養蜂家の娘だな」
aforementioned:前述の。

クランストン「そうだ」

クランストン「彼女と別れた後、お前は激しい自暴自棄に陥り、ついこの頃やっと希望が見え始めたところだった。希望、それは私が扉をノックする音を聞いた瞬間に木っ端微塵に打ち砕かれた」

スティーヴン「さて、この思いがけない参考になる雑談は止めて、なぜここへ来たのか教えよ。お前はカフィリスタンの阿片の密売組織に資金供与する公爵位の権利を遂に主張するつもりか?」
casual:偶発的な、思いがけない、不慮の。
cut:よす、やめる。
chitchat:おしゃべり、雑談。
assert one’s right to:への自身の権利を主張する。
dukedom:公国、公爵位。
opium ring:阿片組織。
Kafiristan:カフィリスタン、パキスタンの地名。

ネイ(「否」)を連呼するクランストンに、お前は人間かそれとも馬か、というスティーヴンに、ネイというクランストン。ダストバスターを返しに来ただけだという。いつ借りたかは思い出せないという。それだけだ。左様なら。
nay:否、古語。
Dustbuster:ダストバスター、ブラック・アンド・デッカー社のハンディ掃除機の商品名。

待て、と押し止めるスティーヴン。クランストンは眼帯を付ける目を間違えていたのだった。

"Too Much Exposition Theater" with Bryan Cranston

“Too Much Exposition Theater” with Bryan Cranston July 11, 2016 The Late Show with Stephen Colbert

Share on Facebook
LINEで送る
Share on reddit
Pocket

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *